なぐさめる、のむずかしさ

自己嫌悪に陥っている人を慰めるのって、むずかしい。

「大丈夫だよ!」と言っても、なんの説得力もないだろうし、声をかける側として自信が持てない。

 

「何言っても無駄だから、放っておく」

っていう対策を掲げる人がいた。

 

けど、何故かその人を放っておくこともできなくて、なにかしてあげられることはないかなと思う。

 

ネットで調べてみたら、「自己嫌悪に陥ってる人に対して言ってはいけない言葉選」みたいなのがでてきて

「自分語りを始める」のは良くないって言うのが1番わかるしアウトだと思った。

こっちは落ち込んでるのに、なに自分の話し始めとんねん、てなるよね。

そういう人、相談されることに向いてない気もする。

 

「あなたはあなたが嫌いでも、私はあなたが好きだよ」

「あなたがどんな状態でも私は変わらずあなたが好き」

こういう言葉はいいみたい。これもすごくわかる。

 

その人を前向きにさせようとする必要はなくて、とにかく言われて心地のいい、そんな言葉をかけるだけでいいんだな、と思った。

 

学びの毎日です。

 

f:id:dokoka_s:20210218233432p:image