和訳チャレンジ #1

techcrunch.com

 

 

和訳チャレンジ

宇宙分野のスタートアップ企業であるアストラニスが,資本金投入として2.5億ドル(250p¥億円)をシリーズCに対して調達した.MicroGEO衛星の製造拡大の援助のためである.静止連絡衛星は従来の衛星に比べて非常に小さい.従来の衛星は高価で,地球上の特定の地点への連絡や通信のための軌道帯で運用されている.

Astrais社のシリーズCは,Baillie Gifford,Fidelity,Koch 戦略プラットフォームなどの新たな資本者たちのホストが参加している,ブラックロック運用基金によって運用された.Andreessen Horowitz,Venrockら従来の資本者たちも,14億ドルの基金による会社の価値向上に賛同した.

この投資によりアストラニスによる普通株と貸付金を合わせた投資金額の合計は3.5億ドルを超える.アストラニスは2016年に設立され,冬季YCコーホートに参加している.多くの企業が低軌道かつ低価格なブロードバンド上での衛星配置場所を探しているが,CEOのJhon Gedmarkと共同投資家が主導するアストラニスは,現在では大型遺産通信衛星が運用され,軌道の修正と地上局との接続を提供するためのGEO軌道帯に焦点を当てる.

 以前Jhon Germarkが,当企業の要求はLEO集団とは大きく異なり,spaceXを含めた複数の企業に育てられ運用されることにある.なぜなら彼らは目標とするに値する企業で,既存の地上インフラと連携した素早い問題解決力を有しているから,と述べていた.特定の地域に対する通信可能性を求める顧客は,従来のGEO通信衛星から,徐々にコスト削減が行われているアストラニスを支持するだろう.例えば,老朽化した既存衛星のネットワーク環境のアップグレードや交換などを行うことが可能である.

これは本ラウンドを指揮するブラックロックだけでなく,アストラニスの打上企業かつ宇宙分野の優秀なスタートアップ企業SPACsも含まれるPIPEに対しても価値がある.言うまでもなく,本ラウンドの既存プランは準備されているが,考慮すべきことも必ずあるだろう.

DeepLさま

宇宙関連のスタートアップ企業であるAstrais社は、2億5,000万ドルのシリーズCラウンドを実施し、同社独自のMicroGEO衛星(静止通信衛星)の製造規模を拡大するための資金を調達しました。MicroGEO衛星は、地球上の特定の地点に通信や接続を提供するために、その軌道帯で使用される一般的な巨大で高価な宇宙船よりもはるかに小さい衛星です。

AstranisのシリーズCは、ブラックロックが運用するファンドが主導し、Baillie Gifford、Fidelity、Koch Strategic Platformsなど、多数の新規投資家が参加しました。また、Andreessen HorowitzやVenrockなどの既存の投資家も参加しており、今回の資金調達により、買収後の企業価値は14億ドルに達します。

これにより、アストラニス社が調達した資金は、エクイティとデットの両方の資金を含めて3億5,000万ドル以上となりました。Astranis社は2016年にスタートしたばかりで、YC Winter 2016コホートの一員でした。他の多くの企業が地球低軌道上に衛星群を構築し、地球上に低コストのブロードバンドを提供しようとしているのに対し、共同創業者兼CEOのジョン・ゲドマークが率いるAstraisは、現在、大型のレガシー通信衛星が運用されているGEO帯に焦点を当て、地球を一定の位置で周回し、地球上の決められたエリアに接続性を提供しています。

ゲドマークは以前、同社が提供するサービスは、SpaceX社などが設置・運用しているLEO衛星群とはまったく異なるものであると語っていましたが、それは本質的に、既存の地上インフラと連携する、よりターゲットを絞った軽快なソリューションだからです。特定の地域で接続性を必要とするお客様には、従来のGEO通信衛星に比べて大幅な低コストでアストラニスを設置することができ、老朽化した既存の衛星ネットワークインフラの置き換えやアップグレードなどに利用できます。

今回のラウンドを主導したブラックロックは、ランチャー企業であるアストラのような注目されている宇宙スタートアップのSPACのPIPEコンポーネントにも主要な参加者として参加していることは注目に値します。今回のラウンドがそのようなエグジットプランであるとは言いませんが、考えてみるべきことであることは間違いありません。

 

添削

宇宙分野のスタートアップ企業であるアストラニアストライス or Astrais社)が,資本金投入として2.5億ドルをシリーズC(のシリーズCラウンドを実施した.)に対して調達した.同社独自のMicroGEO衛星の製造規模拡大の援助のためである.静止連絡(通信)衛星は従来の衛星(その軌道帯で使用される一般的な巨大で高価な宇宙機に比べて非常に小さい.従来の衛星は高価で,地球上の特定の地点への連絡や通信(通信や接続)のための軌道帯で運用される. 

Astrais社のシリーズCは,Baillie Gifford,Fidelity,Koch 戦略プラットフォームなどの新たな資本者(新規投資家)たちのホストが参加している,ブラックロック運用基金によって運用された(が主導した.)Andreessen Horowitz,Venrockら従来の資本者(既存の投資家)たちも,14億ドルの基金による会社の価値向上に賛同した.

この投資によりアストラニスによる普通株と貸付金を合わせた投資金額(調達資金)の合計は3.5億ドルを超える(以上となった).アストラニスは2016年に設立されたばかりで,冬季YCコーホートに参加している(の一員でした)他の多くの企業が低軌道上に衛星群を構築し,かつ低価格(コスト)なブロードバンド上での衛星配置場所を探し(を提供しようとし)ている(のに対し)共同創業者兼CEOのJhon Gedmarkと共同投資家が主導するアストラニスは,現在では大型遺産(のレガシー)通信衛星が運用されているGEO帯に焦点を当て軌道の修正と地上局(地球を一定の位置で周回し,地上の決められたエリア)との接続を提供するためのGEO軌道帯に焦点を当てる

以前Jhon Germarkは以前,当企業の要求同社が提供するサービス)spaceXを含めた企業が設置・運用しているLEO集団(衛星群)とは大きく異なる,り,spaceXを含めた複数の企業に育てられ運用されることにある.なぜならそれは本質的に,彼らは目標とするに値する企業で,既存の地上インフラと連携しよりターゲットを絞った軽快な解決策だからだ,素早い問題解決力を有しているから,と述べていた.特定の地域に対する通信可能性(接続性)を求める顧客は,従来のGEO通信衛星から,徐々(大幅)にコスト削減が行われているアストラニスを支持するだろう(を設置することができ)例えば,老朽化した既存衛星のネットワーク環境(インフラ)のアップグレードや交換などを行うことが可能である.(に利用できる.)

これは(今回の)ラウンドを指揮する(した)ブラックロックだけでなく,アストラニスの打上企業かつ宇宙分野の優秀な(注目されている)スタートアップ企業SPACsも含まれるPIPEに対しても価値がある.言うまでもなく,本(今回の)ラウンドがそのような既存プラン(であるとは言わないが)は準備されているが,考慮すべきことも必ずあるだろう.(考慮すべきであることは間違いない.)